世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。

世の中で一番楽しく立派な事は、

一生涯を貫く仕事を持つという事です。

by 慶應義塾(慶應義塾大学)の創始者 福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち)

好きな言葉や名言に関する感想や体験

福澤 諭吉(ふくざわ ゆきち)さんの作った
7則からなる教訓
福澤心訓」(ふくざわしんくん)の中の一つです。

人間には自身の成長が楽しく
他の人に小さな親切をして感謝されたら、
他の人の役に立てることが嬉しいっと思う心があると思います。

一生涯を貫く天職とは
その人その人の持っている力、能力を
誰かの為に使い、喜んでもらえる事だと思います。
そうすると、
自分自身も成長でき、
他の人も喜んで貰える。
それが、また楽しくモチベーションが上がり
また、一生懸命やり
良い方向に進む

自分ができる力、能力で
人の為になる事ができる・・・仕事!

それが、
「楽しく立派なこと」だと思います。

岐阜県在住:40代後半男性

[rakutenitem keyword=’福澤 諭吉’ sort_type=’2′ category=’0′]福澤 諭吉[/rakutenitem]

慶應義塾(慶應義塾大学)の創始者 福澤 諭吉とは

九州中津藩(大分県)藩士福沢百助と妻お順との
5子として大坂蔵屋敷で生まれた。

諭吉という名の由来は、
儒学者でもあった父が
『上諭条例』(清の乾隆帝治世下の法令を記録した書)を
手に入れた夜に彼が生まれたことによる。

日本の武士(中津藩士のち旗本)、
蘭学者、著述家、啓蒙思想家、教育者。

慶應義塾の創設者であり、
専修学校(後の専修大学)、
商法講習所(後の一橋大学)、
伝染病研究所の創設にも尽力した人物です。

代表的な著作「学問のすすめ」は、
近代日本の代表的な啓蒙思想家、
教育者である福沢諭吉の最も代表的な著作。

初編は1872(明治5)年に刊行したが
大変な評判を受けシリーズ化、
1876(明治9)年の第17編まで刊行され、
当時としては驚異的な大ベストセラーとなった。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり」
という著名な一文で始まる本作は万人の平等を主張し、
学問を重んじ自由独立の精神を養うことを説いている。

日本における近代的、合理主義的な人間観、社会観、学問観の萌芽が見られる名作。

[amazon_vcitem keyword=’福澤 諭吉’]福澤 諭吉[/amazon_vcitem]

コメントを残す




seven + ten =