置かれた場所で咲きなさい シスター渡辺 和子

置かれた場所で

咲きなさい

by ノートルダム清心学園理事長
シスター渡辺 和子(わたなべ かずこ)

好きな言葉や名言に関する感想や体験

辛い時に、
渡辺和子さんの
「置かれた場所で咲きなさい」という言葉を思い返すと、
心が救われます。

どんな環境にいても嘆くのではなく、
どうすればもっともっとキレイに咲けるか?
考えなさいという言葉です。

この言葉を知ったのは、
友人が話してくれたからです。

何があったのかは詳しく知りませんが、
彼女は元いた場所への心残りと、
新しい環境に自分の意に反して移らされた
戸惑いを感じていました。

しかし、
この言葉に感銘し自身に置き換えて、
今ある環境で頑張る決意をしたと言っていました。

いつも明るく前向きに、
人の中心でいる彼女が、
魅力ある光を持っている理由を
知った気持ちになりました。

私もそのとき、
転職して新しい職場に、
なじめずウジウジしていました。

前職と比べて待遇が悪く、
職場のあり方にも不満を感じていました。

こんなところ、
スグ辞めてやると、
半ば腐っていたときに、
この言葉に出会いました。

置かれた場所で咲きなさい。

不満ばかり言っていた自分の中で、
違う気持ちが芽生えた気がしました。

ここが今、
自分に与えられた環境なんだと、
受け止めようと思いました。

力を抜いて、
自分が出来ることを考えることにしました。

これからも辛いこと、
理不尽なことに何度も出くわすと思います。

そのときは、
この言葉を信じて、
どんな環境でも
自分をキレイに咲かせたいと思っています。

愛知県在住:40代後半女性

[rakutenitem keyword=’渡辺 和子’ sort_type=’2′ category=’0′]渡辺 和子[/rakutenitem]

ノートルダム清心学園理事長 シスター渡辺 和子(わたなべ かずこ)とは

1927年2月、
教育総監・渡辺錠太郎の次女として生まれる。

51年、聖心女子大学を経て、
54年上智大学大学院修了。

56年、ノートルダム修道女会に入りアメリカに派遣されて、
ボストン・カレッジ大学院に学ぶ。

74年、岡山県文化賞(文化功労)、
79年、山陽新聞賞(教育功労)、岡山県社会福祉協議会より済世賞、
86年、ソロプチミスト日本財団より千嘉代子賞、
89年三木記念賞受賞。

ノートルダム清心女子大学(岡山)教授を経て、
90年3月まで同大学学長。

ノートルダム清心学園理事長。

主な著書に、
愛と祈りで子どもは育つ
目に見えないけれど大切なもの
美しい人に
愛と励ましの言葉366日
幸せのありか
マザー・テレサ 愛と祈りのことば<翻訳>』などがあります。

[amazon_vcitem keyword=’渡辺 和子’]渡辺 和子[/amazon_vcitem]

2件のコメント

  • 「置かれた場所で咲きなさい」とてもいい言葉ですね^^

    嫌な事や、辛い事も多いですが
    今ある状況や現状も将来的に花が咲く時に
    必要な事なのだとプラスに考えて、

    将来キレイに花を咲かせたいと思います!
    ありがとうございます(*^_^*)

  • そうですね。
    今の現状を不満に思うのでなく、
    今ある現状をプラスに考え・・・

    今ある現状でキレイに花咲かせられるとイイですね^^
    今、起こっている事は、
    全て意味があり、
    将来キレイに花咲かせる為にあると思います!(^^)!

コメントを残す




7 + six =