地球規模で見たら人間なんてチリみたいなもの

地球規模で見たら

人間なんてチリみたいなもの

by 埼玉県在住:40代前半女性の言葉

 

好きな言葉や名言に関する感想や体験

物事を考えすぎて行き詰まったり、苦境に立たされた時、
解決しようと必死になったり疲れたり、
そんな時にふと考えたら気が楽になって開き直れて以来、
そういう状況で頭に思い浮かべる様になった言葉です。

地球規模で見たら人間なんでチリみたいなもの

そう思ったら
なんだか急に気が楽になったんです。

どんな偉人でも、
誰も知らないようなひっそりした人生を生きている人でも、
大きな単位で宇宙だの地球だのの規模から見たら、
それこそ蟻ん子のような、
チリのような小さな存在ですよね。

自分にとっては大きな果てしない問題でも、
全人類を見渡したら実になんてことない、

人間の一生なんて地球ができてから
早回しで見たら一瞬の出来事のようなもの。

誰もそんなに一人
他人の生き方を注視してなんかいないし、
まずは自分なんです。

人生一度きりなんだし、
見ようによっては一瞬なんだから、
好きに生きればいい、

後悔がないように
長いようで短い人生を生きればいいんだ。

そう思うと気が楽になりますよ。

まわりを見てカボチャと思え、
みたいな緊張しやすい人向けの言葉もありますよね、

それと逆ですが、
緊張する時にも
地球規模で見たら人間なんでチリみたいなもの
と思うと

誰もそんなにチリに注意なんてしてないさ、
と気分が楽になります。

これ、
自分を塵のような価値のない存在と思うという意味ではなく、

歯車や大勢の中の一人を
誰もそこまで気にしてはいないのだから、
他人の目をそんなに気にしないで
おおらかに生きようという意味なんですよ。

物事を角度を変えて見てみると、
全然違って見えてくるので
何にでも力が入りやすい人には効果的です。

埼玉県在住:40代前半女性

 

コメントを残す




12 − seven =