何もしないよりして後悔するほうがいい

何もしないより

して後悔するほうがいい

by ダンス&ボーカルユニット w-inds(ウィンズ)の曲「so what?」より

 

好きな言葉や名言に関する感想や体験

好きなアーティストの歌詞の中にあった言葉なのですが
よく使用されている言葉です。

ですが、
簡単なように見えて
すごく勇気の要ることなのです。

例えば、プライドの高い私なんかは
わからない問題や悩み事を人から聞くことを避け
自分で解決しようとします。

この方法は間違っていませんが
大幅に時間を無駄にしてしまう。

専門的な知識やわかりやすい人に聞くと
案外早くスッキリ解決するものです。

同じ意味のことわざでは
言えば一時の恥言わぬは一生の恥
とあります。

これは勉強面だけではなく、
仕事や恋愛、友人関係でも言える言葉

人間は他人同士なので
自分の考えてることが
スッキリと伝わらないのは当たり前

さらに言うなら

言わなければ伝わらない
行動に移さなければ次に進めない。

言動、行動に移した公開と
歌うさなかった公開とでは
重さが違うとわたしは常に感じています。
好きな人に対して好きといい

振られても一つの経験を得たことに変わりはなく

その瞬間悲しくなっても
「泣いた」と言う行動で
強い気持ちになった経験も同時にします。

この全ての行動で
くだらないプライドや恥ずかしさ、
小さな悩みも
日に日に薄れていくのです。
現在の私は友達にもわからないことや悩みを話しますが
相手の反応や説明、言葉遣いから
「何を話せばいいのか」や「どのような話ならいいのか」と
選ぶようにもなりました。

これは、悪い意味ではなく。

人を見ているにつながるのです。

後悔の重さから
人の変化が生まれてくると思います。

千葉県在住:20代前半女性

千葉県在住:20代前半女性

[rakutenitem keyword=’w-inds’ sort_type=’2′ category=’0′]w-inds[/rakutenitem]

ダンス&ボーカルユニット W-INDS(ウィンズ)とは

ダンス&ボーカルユニット w-inds(ウィンズ)の
ユニット名は、
北(涼平・龍一の出身が北海道)
南(慶太の出身が福岡県)
風(wind)
が一つになって
世界中に届くようにと名づけられた。

2001年3月14日
シングル『Forever Memories』でメジャー・デビュー
この年に、第43回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞

ファースト・アルバム
w-inds〜1st message〜』が初登場1位を獲得する。

メンバーは、

リーダー:千葉涼平(ちば りょうへい)
ヴォーカル&ダンス担当:橘慶太(たちばな けいた)
ダンス&コーラス、ラップ担当:緒方龍一(おがた りゅういち)

[amazon_vcitem keyword=’w-inds’]w-inds[/amazon_vcitem]